妊娠から出産の不安解決サイト

アクセスカウンタ

zoom RSS 産後の生活

  作成日時 : 2008/09/11 11:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


40週にわたる妊娠ライフが終わって、いよいよ赤ちゃんとの
生活が始まろうとしています。
入院生活はもちろんですが、出生届の手続きや体の回復に関して
いろいろな疑問や不安なことだってありますよね。
ここでは、出産祝いについての疑問や、母乳について、産後の
回復の経過などについて紹介していきたいと思います。
産後の生活


無事に出産も済んで、入院生活が始まります。
まだまだ出産直後なので、歩きにくいですし、
体がだるい様に感じます。
毎日看護師さんが悪露の状態や子宮の回復経路など
サポートしてくれるので安心ですよ。
入院生活


希望によっては入院中、母子同室も可能です。
あらかじめ出産前に、医師に希望しておく必要があります。
基本は産後一日以上たってからスタートします。
でも産後の体調があまり思わしくなく、
貧血がひどかったり、体調を崩してしまった時は
無理をせずに看護師さんに相談しましょう。
母子同室


母乳はやはり赤ちゃんにとって一番栄養価が高いので、
いっぱい出るのが理想的ですよね。
母乳には、感染症を防ぐ効果もありますし、
アレルギーにかかる心配もないので安心です。
母乳について


沐浴方法も、母親学級ではもちろん
産後の入院中にも教えてもらえます。
沐浴バスを使います。大人と一緒にお風呂に入れるのは
生後一か月程経過してからになります。
沐浴方法


乳腺炎とは、乳首から細菌が入って起こったり、
乳汁がうっ帯して起こる病気のことです。
私は産後2回もかかってしまいました。。。
乳腺炎になると、乳腺が詰まってしまうので
おっぱいが固くなり、熱をもつので、高熱が出ます。
乳腺炎


入院期間も終わって、いよいよ退院です。
入院期間は、回復状態がよくなかったり
帝王切開の場合を除いて約一週間です。
いよいよ赤ちゃんとの生活の始まりですね。
楽しみだけど、不安もいっぱい。
退院後の生活


産後一か月が経過すると、悪露も終わっているか
ほとんどなくなって、妊娠前の体に戻りつつあります。
悪露の量がまだ多い場合や会陰にかゆみがある場合
などは、検診の時に相談しましょう。
産後一か月検診


妊娠中に増えた体重を元に戻したいという思いは
誰でも同じですよね。私は妊娠中
つわりもなかったせいか、12キロ太りました。
そして出産した次の日、体重計に乗ってみたんです。
なんと4キロしか減ってなかった。。。
産後ダイエット


赤ちゃんが産まれたら、14日以内に区役所または
市役所、町村役場に提出しましょう。
出生届は母子手帳に挟まれています。
その時に出生証明書を持っていくのを忘れずに。
出生届の提出


出産したら、友達や親戚の方たちからいただくのが
「出産祝い」とてもありがたいですが、
お返しを忘れてはいけません。
まず、出産祝いをいただいたら、誰から何をいただいたか
表などを作って、控えておきましょう。
出産祝いお返し


最後に私が経験したこと。。。
妊娠中は「家事と育児の両立」ができるか不安でした。
でも私はどんなささいなことでも
旦那や両親に相談する様にしていました。
抱え込むのはよくないですよね。
出産体験談


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
産後の生活 妊娠から出産の不安解決サイト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる